メイン

ソフトバンク・川崎宗則内野手(30)が22日、ヤフーD内で婚約したことを明かした。お相手は、福岡市在住の28歳の一般女性。結納、挙式の時期は未定。「婚約しました。僕が大ざっぱなので、彼女はしっかりしている。性格が優しいし、最高のパートナーです」と笑顔で喜びを口にしました。

約2年前から交際をスタート。報道陣に相手の顔写真や似顔絵などを公表しなかったが「母親は、僕と顔が似ていると言っていた」と照れ笑い。料理も上手で「得意料理は大好きなしょうが焼き、ハンバーグ、カレー、スパゲティ...。両親も喜んでくれました」と声を弾ませた。

「ムネリン」の愛称で女性から絶大な人気がある川崎。ファンはがっかりしそうだが、本番を迎える優勝争いに向け、「しっかり集中してもっといいプレーをしていきたい。仕事を応援してくれる人だから野球がしやすい」と意欲十分。

今年6月に海外FA権を取得。すでにメジャー挑戦する意思を固めている。「レベルアップするために、いろんなことに挑戦したい気持ちはある」と明かしており、最愛のパートナーとともに、夢の実現へ突き進む。

声優で歌手の坂本真綾(31)が、同じく声優の鈴村健一(36)と8月8日に結婚したことを公式サイトで発表しました。

坂本は結婚について「今までの自分の人生の中で好きだと思うことや、嬉しい、心地いいと思うことを優先する行動がいつも未来につながってきました。だから結婚についても、私がそうしたいと心から思えるときが自然と来たのでその気持ちに従いました」とファンに報告。また「鈴村さんは、一緒にいるととても穏やかな気持ちになれる、優しい人です。これからも私が私らしく歌い、演じ、そして生きていくために、心休まるパートナーが側にいてくれること、とても頼もしく思います。皆様にも、あたたかく見守っていただけたら嬉しいです」と喜びをあらわにしている。

そして鈴村は坂本について「聡明でエネルギーに満ちあふれた彼女と一緒にいるととにかく元気になります。もともと笑い上戸の僕がさらに良く笑います。柔らかな時間を届けてくれるかけがえのない方です」とコメント。

さらに「声優という仕事に就いてもうすぐ17年。この仕事はたくさんの感情が必要な仕事です。日々の暮らしの中で心が動く瞬間、その総てが糧となり、表現と変わっていくんだと思います。これからの新しい人生はまた大きな糧をもたらしてくれるはず。どんな出来事が待っているのか。どんな表現に出会えるのか。しあわせな未来へと繋がるように一生懸命自分らしく生きていきます。そのしあわせが誰かに届くように一生懸命自分らしく表現していきます」と意気込みを語っている。

堺正章が結婚を正式発表

タレントの堺正章が7日、65歳の誕生日である6日に22歳年下の一般女性と入籍しましたた。堺は74年に最初の結婚をし、80年に離婚。89年に再婚したが2001年に2度目の離婚をしており、再々婚となります。

堺はFAX文で「この10年間、少し遠くからではありますが、二人の娘の成長を見守ってまいりました。子供たちも成長し、もう一度、自分自身の人生 を見つめ直したいという思いから、以前より交際しておりました女性と入籍を致しました。男65歳にして素晴らしいパートナーを迎えられたことに喜びを感じ ております」とコメント。挙式、披露宴は予定してないという。

この間、仕事では08年春にフジテレビの連続ドラマ「無理な恋愛」に主演し、その主題歌として15年ぶりのシングル「忘れ物」が発売。司会者として も「チューボーですよ!」(TBS)、「世界一受けたい授業」(日本テレビ)を長寿番組に導いた。公私にわたって充実し、ゴールインは秒読みと噂されたこ ともあった。

そんな中、大切にしていたのが前妻との間にもうけた娘2人の存在。10代の繊細な時期だったため、娘たちの気持ちを最優先にしてきた。以前に子役と して活躍した長女の菊乃(20)は成人し、今年春の舞台で約10年ぶりに女優復帰。次女も高校生になった。知人は「2人とも父親の幸せを祝福しているよう です」と話す。「無理な恋愛」では、夏川結衣が演じた35歳の女性に恋する60歳の設定に「25歳差というのは相手に対しての責任が必要」と語っており、 男としてのけじめと愛娘の成長が結婚を後押ししたようだ。

堺 正章(さかい・まさあき)
1946年(昭21)8月6日、東京都生まれ。62年、鎌倉学園高在学中、ザ・スパイダースに加入。65年、「フリフリ」でデビュー。71年の解散後、ソ ロに。同年「さらば恋人」で日本レコード大賞大衆賞受賞。最初の結婚は74年で80年に離婚。89年に再婚し、01年に離婚した。血液型A。父は喜劇役者 の故堺駿二さん。

加藤茶が結婚

加藤茶

45歳年下の一般女性との結婚が明らかになったタレントの加藤茶が6月23日に綾菜さんと入籍したと発表した。

加藤はご報告として、「この度、私、加藤茶と綾菜は6月23日に入籍致しました。本来ならばこのような、おめでたい出来事は真っ先にご報告しなければならないところですが、世間の状況にも配慮し、遅くなってしまいました。献身的に私を支えてくれる彼女とのこれからを、静かに温かく見守っていただけたらとうれしいと思います」とのコメントを寄せた。

1