メイン

名古屋のU―22日本代表FW永井謙佑(22)が22日、福岡大の同級生で22歳の会社員との入籍を正式発表した。

 「代表にも若くて結婚している人もいる。時期が早いとかは関係ない。自分は自分なんで。プレー面は結婚しても変わらない」。ロンドン五輪アジア最終予選のマレーシア戦勝利から一夜明けた22日午後、豊田市内のスポーツセンターでクールダウンを済ませた永井は守るべきものを手にした精かんな大人の顔つきになっていた。

2年以上の交際を実らせ、13日に名古屋市内に結婚届を出した。夫人は妊娠はしていないという。途中出場で後半31分に絶妙なクロスで2点目をアシストしたマレーシア戦後は深夜、鳥栖市内で応援にかけつけた夫人と食事をともにした。

新婚パワーを充電した永井には再び大役が待っている。ストイコビッチ監督(46)はマレーシア戦に続く、スーパーサブ役に指令。「今朝チームに戻ったばかりで、疲れもある。メンバーには入れると思うが、ベンチから」と語った。永井のリーグ戦全2得点は、いずれも50メートル5秒8の俊足を生かしたスーパーサブとしてだった。8月7日の磐田戦、同13日の広島戦と連弾で勝利に導いた。

 「今はチームで結果を出すことがすべて」。2試合勝ち星なしで現在4位の昨季王者に、幸福な韋駄天(いだてん)が救世主となる。

永井 謙佑(ながい・けんすけ)
1989年3月5日、広島県福山市生まれ。22歳。九州国際大付高から福岡大へ進学。10年1月のアジア杯イエメン戦でA代表デビュー。同年広州アジア大会では5得点を挙げ、得点王。11年、名古屋へ入団。8月7日の磐田戦(瑞穂陸)でリーグ戦初ゴール。50メートル5秒8の俊足を生かしたプレーが持ち味。リーグ戦通算21戦2得点。
ほしのあき

タレントのほしのあき(34)と騎手の三浦皇成(21)が今月に入って結納を交わしていたことが22日、分かった。早ければ、今月中にも婚姻届を提出する。

婚姻届を提出する日取りを2人で話し合っている。今後、挙式・披露宴を行う予定で、こちらも日程を調整しているという。

08年10月に、ほしのが名付け親の競走馬ハシッテホシーノ(牝4)のデビュー戦に三浦が騎乗したことがきっかけで出会った2人。09年6月に熱愛が発覚し、10年11月にそれぞれが交際宣言していた。お互い多忙な生活の中、都内に三浦がいる時は、13歳年上のほしのが三浦の体重管理を念頭に置いて考案した手料理で、体調を管理しサポートするなど愛を育んできた。

人気お笑いコンビ・アンジャッシュの児嶋一哉(39)が10日、自身のツイッターを通じ15年間交際していた一般女性と結婚したことを発表した。

公式ホームページでも「15年お付き合いしてきた女性と本日入籍しました。みなさま今後ともよろしくお願い致します」と報告。挙式・披露宴は未定だといい、「今後もより一層精進してまいりますので、引き続きご支援いただけますようお願い申し上げます」とつづった。

児島は昨年1月、この一般女性とみられる戸田恵梨香似の長髪スレンダー美女とともにハワイへ出掛け、成田空港での本紙の直撃に「彼女?はい。交際は結構長いです。一般人なんで勘弁して」と話していた。

プロレスリング・ノア潮崎豪が結婚

プロレスリング・ノア所属でGHCヘビー級王者の潮崎豪(29)が7日、結婚を発表した。

潮崎は「家族を得て、守っていくことでより一層努力し、リング上ではこれまで以上に熱い戦いを続けベルトを守り抜いていきたいと思います」とコメント。生涯の伴侶を得て、今月23日の東京・後楽園ホール大会では"帝王"高山善廣を相手に2度目の同王座防衛戦に挑む。

俳優、寺田農が一般女性と再婚

寺田農

俳優、寺田農(68)が35歳年下の一般女性(33)と再婚していたことが5日、分かった。

お相手は美術関係の仕事をしている笑顔が印象的な和風美人。

寺田は再婚でもあり、挙式・披露宴は表立って行わなかったが、両家の親族を招いて食事会を行ったよう。

寺田は70年に結婚した元女優の高橋紀子さん(64)と離婚後、独身を通してきた。一方で、洋画家の父の影響で芸術に造詣が深く、数年前に美術を仕事とするこの女性と出会い、再婚願望が高まっていったようだ。

今夏に行われた美術関係者のパーティーでは「再婚したんですよ。仕事を頑張らないと」などと照れくさそうに話していたという。

最近ではNHK大河「江~姫たちの戦国」をはじめ、テレビ朝日系「おかしな刑事7」、TBS系「上条麗子の事件推理9」など数々の2時間ドラマに出演。現在も別の作品を撮影しているなど精力的に活動している。

同世代もうらやむ若き伴侶を得て、味のある演技に磨きがかかりそうだ。

12