メイン

俳優の六角精児が4度目の結婚

俳優の六角精児さん(49)が4度目の結婚となる再々々婚したことがわかった。二度目の元妻との再婚といい、所属事務所は「入籍したとは聞いています」と話している。

六角が結婚したのは2度目に結婚した元妻。六角は29歳で劇団の研究生と結婚し約2年後に離婚。35歳の時には別の劇団研究生と結婚したがこれも4年後に破局。2003年には20歳年下の女性とデキ婚したが05年に離婚していた。いずれも六角のギャンブルが原因だったという。元妻との結婚で4度目の正直となるか。

六角さんは昭和37年、兵庫県生まれ。学習院大学中退。善人会議(現・扉座)創立メンバーとして主な劇団公演に参加。舞台だけでなく、テレビドラマや映画などに活動の場を広げている。

巨人の沢村拓一投手(23)が17日、球団を通じて今オフに結婚することを発表した。お相手は、日テレの森麻季アナウンサー(30)。12月中旬に都内で挙式する。中大4年の昨年11月に交際を始め、1年でゴールイン。「今後はより一層、野球に精進します」とコメントした。チームは5年連続のクライマックスシリーズ(CS)進出が決定。日本シリーズへ進み、公私ともにバラ色のオフにする。

巨人のエースになるルーキーが、生涯の伴侶を得て、一層の飛躍を目指す。沢村は午後、球団を通じて森アナとの結婚を発表。「家族ができる喜びと責任の重みを心に刻み、今後はより一層、野球に精進します。どうか温かく見守ってください」とコメントを出した。関係者によると、森アナは妊娠しておらず、12月に入籍後、中旬に都内で挙式する。

チームは22日にシーズン最終戦の横浜戦(東京D)、29日からCS第1Sを控える。V逸したものの、目標をCS突破、日本シリーズ優勝に切り替え、準備を進めている大切な時期。

2人の出会いは沢村が中大4年だった昨年5月。初対面は取材だったが、秋のリーグ戦が終わり、知人を介して食事の場で再会したことで意気投合。11月に交際を始めた。沢村は「何に対してもいちずな性格」と自己分析するように、交際当時から結婚を意識。もともと「野球をやっている姿を子供に見せたい」と結婚願望も強く、4月の開幕前には、お互いの両親にも紹介し、沢村がプロポーズした。東京ドーム初登板となった5月5日の阪神戦には、沢村の両親と森アナが観戦に訪れるなど、着々と結婚への道を歩んできた。

巨人の大卒新人がオフに結婚するのは異例だが、家庭を持つことで、より野球に集中できる環境が整う。森アナは「Going! Sports&News」の進行を務め、スポーツに精通しているほか、雑穀アドバイザーなど食の資格を持ち、料理番組「キユーピー3分クッキング」も担当。休日には、栄養バランスを考えた高たんぱく低カロリーの手料理を振る舞う。局アナとして今後の仕事は未定ながら、野球選手の妻としてサポート態勢は万全だ。

今季、巨人の投手として唯一、先発ローテーションを守った。負けが先行するつらい時期を乗り越え、11勝(11敗)できたのは、森アナの存在が大きい。「勝ったときも(結果が)悪いときも、同じ(励ましの)言葉をかけてくれた。雑音とか雑念を取り払うことが出来るのは勝ち続けること」と沢村。ポストシーズンでの活躍で結婚に花を添える。

沢村 拓一(さわむら・ひろかず)
1988年4月3日、栃木市生まれ。23歳。佐野日大高で3番手投手だったが、中大入学後、元巨人投手・高橋善正監督の指導と下半身の筋力トレで才能が開花。10年ドラフト1位で巨人に入団。11年4月21日の阪神戦(甲子園)でプロ初勝利。28登板でチーム2位の11勝(11敗)、防御率1.97。184センチ、92キロ。右投右打。家族は両親と姉。

女優の鈴木砂羽さん(39)が11歳年下の劇団「ペンギンプルペイルパイルズ」に所属する俳優の吉川純広さん(28)と5日、東京都内の区役所に婚姻届を提出した。7日、鈴木さんの所属事務所がファクスで発表。挙式、披露宴は未定。鈴木さんは妊娠しておらず、今後も女優の仕事を続けるという。

2人は09年6月に鈴木さんが主演を務め、吉川さんが鈴木さんの弟役で出演した「ペンギンプルペイルパイルズ」の舞台「cover」のけいこ場で出会った。同年7月の公演を終えて間もなく、9月に交際がスタートしたという。

鈴木さんは、吉川さんの穏やかで優しく、おっとりとした性格に引かれ、共通の趣味でもある演劇観賞などで交際を重ねて、今年3月に結婚を決意した。

鈴木さんは1972年9月20日生まれ、静岡県出身。94年、映画「愛の新世界」で主演を務め女優デビュー。その後、映画、ドラマ、舞台などで活躍。一方で「スズキサワ」のペンネームで、マンガ家としても活動し、女性向けマンガ誌「ヤング ユー」で「いよぉ!ボンちゃん!!」を01~05年に連載した経験を持つ。現在はNHK大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」に初(水川あさみさん)の夫の姉・京極龍子役で出演中。8日にスタートする情報トークバラエティー番組「集合!鈴木三姉妹」にレギュラー出演が決まり、また、18日にスタートするNHKの連続ドラマ「ビターシュガー」に出演する。

林家三平&国分佐智子が入籍した

林家三平 国分佐智子

落語家・林家三平と女優・国分佐智子夫妻の結婚披露宴が2日、東京・日比谷の帝国ホテルで行われた。三遊亭圓歌、渡哲也、貴乃花光司など、夫妻と縁のある著名人が祝辞を述べるなか、ビートたけしも登場。結婚式でめったにスピーチをしないというたけしは「こんなキレイな嫁さんをもらってうらやましい限り。こんな不平等があっていいのか」と嘆いたり「『水戸黄門』の共演がきっかけというが、共演者に手を付けるとは"ちゃっかり八兵衛"もいいとこ。そしてあの長寿番組を見事に終わりにした。許すべきことではない。うっかりも甚だしい」とたけし節を炸裂させ、2人の門出を祝福した。

2009年3月に行われた二代目林家三平襲名記念公演同様に、たけしが爆笑祝辞を繰り広げた。たけしは、結婚生活における大事な3つの袋についても語り「1つは池袋。どこへ行くのも便利。2つ目は沼袋で、新宿に近い。そして3つ目は玉袋。これがないと子供ができない」「もし玉袋がダメならば、私に相談しなさい」としたり顔で笑いを誘っていた。

三々九度などの儀式を終え、和装からお色直ししてウエディングドレスに身をまとった国分の姿に三平は「素敵ですね」と終始デレデレ。2人の出会いの発端となったドラマ『水戸黄門』で水戸黄門役を演じた里見浩太朗が乾杯のあいさつを務め「我々一同、確かに結婚したことを認めました。おめでとう。かわいらしい家庭を築いてほしいという思いと、海老名家と国分家の末長い繁栄を願って」と音頭をとった。

国分が着用した白無垢とウエディングドレスは、ファッションデザイナーの桂由美がデザイン。白無垢は、大きな羽を広げて飛び立つ鶴の金刺繍が印象的で、角隠しにも打掛同様に鶴の刺繍が施されている。ウエストにサテンリボンがあしらわれたドレスは胸元に大小5種類の小花が、ベールには大小100個の花が散りばめられている。

なお、三平と国分夫妻は、全日本ブライダル協会が提唱する、地域の人々へのあいさつや寺社への参詣する「ふるさとウェディング」に賛同。婚礼衣装で近所にあいさつし、地元の上野・寛永寺に参詣の後、披露宴会場入りした。

クライマックスシリーズ進出が難しくなってきた広島カープ。しかし若きエース、マエケンこと前田健太(23)にはそれよりもっと熱い"ポスト・シーズン"が待っていた。

「どうやら来年1月に入籍することが決定したようです。お相手は女子アナで、成嶋早穂(26)って子。2年ほど前に野球関係者の紹介で付き合い始めた。目がパッチリしていて下手なアイドルより可愛いですよ」

成嶋は昨年まで東海テレビに在籍。現在はフリーとして活動している。フェリス女学院大学在学中から読者モデル、女子大生レポーターとして活躍。女子アナファンの間では知る人ぞ知る存在だった。

2人が結婚を決意したのは、皮肉にも浮気騒動がきっかけだった。

今年3月、マエケンが宮崎・日南でのキャンプの合間に、モデル・相原なな(24)とリゾートに宿泊する一部始終を写真誌にスッパ抜かれた一件である。

「当時の成嶋さんは"もう許せない!"とひどく落ち込んでいた。しかしその後、マエケンさんが何度も彼女のもとを訪れて頭を下げ、"二度と浮気しない"と誓ったそうなんです。その熱意に、成嶋さんも最後は"この人に一生ついていく"と気持ちを固めたらしい。ただ、あれ以降彼氏の行動を常にチェックしているそうですが(笑い)。フリーになってからしばらく在籍した大手プロダクションも既に辞め、今は花嫁修業の日々だと聞いています。

12