メイン

お笑いトリオ・インスタントジョンソンのすぎ。(39)が、16歳年下のネイリスト・みほさん(23)と婚約した。お相手は「夏川純似」で以前からすぎ。のファンだったといい、映画館で逆ナンされたのをきっかけに昨年4月から交際をスタート。「目がぱっちりしていて、いつもニコニコ笑顔でかわいい」とデレデレ。「入籍は彼女の誕生日の8月15日。保証人は有吉弘行さんです」とのろけた。

結婚式は入籍から1年後を予定しており、婚約指輪もまだ。「北斗晶さんと佐々木健介さんみたいな夫婦になりたい。来年以降に子供を作ろうって話していて、子供は男1人、女1人でポメラニアンを飼って、普通の温かい家庭を作りたい」と青写真を描いた。一方で、相方ゆうぞうから「ファンに手を出したのか」と突っ込まれると「言い方が悪くなるけど...そうだな、出した!」と潔く認め、笑いを誘った。

みほさんは23歳ながらすでに独立して自ら店を構えるネイリスト。芸人の妻となるが「ちゃんと1人でやっていけるように準備しているから大丈夫」と頼もしく、逆ナン時も積極的だったことから、初めは「現代版美人局だ!」と疑ったという。その後、何度か食事をして交際をスタートさせ、すでに同せいしている。

元女子日本代表FW大竹七未さん(37)東京国際大女子監督とJ2松本の元U―19日本代表MF弦巻健人(拳東)(24)が結婚することが分かった。6月29日に入籍し、来春1月に都内のホテルで挙式する。25日に正式発表される。

弦巻選手が小学4年から東京V下部組織育ち、大竹さんが同じ傘下のベレーザ(現日テレ)に中学1年から所属し、顔見知りだった。09年7月、当時「8年間彼氏がいなかった」大竹さんは、風水建築デザイナーの直居由美里さんのアドバイスで運気好転のため旧名の奈美から改名。「その1か月後ぐらいから彼がキラキラして見えて、気になるようになった」。お互いブログのメッセージ機能を通じて、韓国ドラマの話などで盛り上がり、同年11月に結婚を意識した交際を開始した。

「私をすごく大切にしてくれるところと、自分よりも彼が大切だと思えたところが付き合うきっかけ」と大竹さん。「家事もお料理も抜群で七未さんの笑顔がとても好きで引かれました」と弦巻選手。約2年半の交際を経て、今月16日に婚約。大竹さんは結婚後も仕事を続ける。住居が長野と埼玉と離れているため、当面は同居しない。

13歳の年の差は、大竹さんは「私は気にしていたけど、彼は全然関係ないと言ってくれて。子供も欲しいし、2人で目標に向かって助け合い、楽しい家庭にしたい」と幸せそうだった。

大竹 七未(おおたけ・なみ)
1974年7月30日、東京・町田市生まれ。37歳。87年に読売ベレーザ(現・日テレ)入団。全日本女子優勝4回、日本女子、Lリーグ(現なでしこリーグ)優勝5回。同リーグ100得点到達第1号。リーグ通算157試合104得点。W杯は95、99年大会出場。96年アトランタ五輪出場。国際Aマッチ通算46試合29得点。01年7月、現役引退。10年、東京国際大女子監督就任。166センチ。

弦巻 健人(つるまき・けんと)
1987年6月29日、新潟市生まれ。24歳。10歳で東京ヴェルディ下部組織入団。MFで活躍しU―13からU―19まで各年代別日本代表選出。2005年、18歳でJ1デビュー。3度のレンタル移籍を経て昨年、松本に完全移籍。J1通算2試合無得点。J2通算15試合1得点。10年1月に登録名以外は「拳東」に改名。家族は両親と兄、姉。172センチ、64キロ。

RAG FAIRの引地洋輔が一般女性と結婚

昨年3月より活動休止中の6人組アカペラグループ・RAG FAIRの引地洋輔(34)が一般女性と結婚した。自身のブログで「先日、引地洋輔は入籍をしました」と発表した。

福島県出身の引地は「昨年は特に、「家族」というものについて考える機会が増えました」といい、「故郷のことや、そこで暮らす両親のことも、今までとは比べものにならないほど考えました。そこから至った、人生の決断です」と結婚を決めたという。

 「大きな決断ではありますが、応援してくださる皆様へ、世の中へ向けて、面白いものをつくりたい、という根本の思いは何も変わりません」とスタンスは変えず、「これからも暮らしの中で、見えてくるもの、感じるものと向き合いながら、精一杯もがきながら、ものづくりに励んでいこうと思います」と思いを綴っている。

女優の斉藤慶子が再婚

斉藤慶子

女優の斉藤慶子(50)が昨年11月に広告代理店の社長・Aさん(65)と再婚していた。斉藤には長女(11)がおり、現在は3人で都内の一戸建てで生活をしているという。12日発売の「女性セブン」も報じており、Aさんも子供がおり再婚となるという。

お相手のAさんの会社は昨年の決算で約165億円の売上高があり、Aさん自身も100億円を超える資産を持つ超セレブ。斉藤は以前から長女のために父親が必要だと考えており、そんな時にAさんと出会い、再婚に至ったようだ。3人が現在暮らしているのは、都内の高級住宅街にある3階建ての豪邸で、Aさんが現金で購入したものだという。

斉藤は97年7月に実業家の男性と結婚。その7年前に知り合った際には、実業家に妻子があり、結婚前は「魔性の女」とも騒がれたが、逆境を乗り越えゴールイン。2000年には長女も授かるなど幸せな夫婦生活を送っていた。

だが、08年にその男性と離婚。その原因については「考え方、価値観の相違ということになります」とコメント。長女の親権は斉藤が持ち、以降、女手一つで育ててきた。最近では、出身地・宮崎県の「みやざき大使」に就任し、同県の口蹄(こうてい)疫被害支援のための活動などを行っていた。

斉藤 慶子(さいとう・けいこ)
1961年7月14日、宮崎県生まれ。50歳。熊本大教育学部在学中の82年、日本航空の「JAL沖縄キャンペーンガール」に選ばれ、芸能界入り。83年から宮崎美子の後を継ぎ、TBS系「クイズダービー」の2枠の解答者を務める。他の出演番組に「クイズところ変れば!?」など。映画「東雲楼 女の乱」(94年)で日本アカデミー賞優秀助演女優賞。趣味はスキューバダイビングなど。

歌手で女優、タレントのはいだしょうこ(33)が3月25日に結婚したことが分かった/
「春」と題したエントリーで「先月の3月25日(お誕生日)に、入籍致しました」と、自身の誕生日と結婚の"ダブルおめでた"を報告。お相手は35歳の一般男性で「これから、もっともっと笑顔でいられる様に、二人で力を合わせて、歩いていきたいと思います」と幸せいっぱいにつづった。

はいだはNHK教育「おかあさんといっしょ」の第19代目うたのおねえさん。番組卒業後も歌手として活躍しているが、今後も仕事を続ける予定で「これからも私らしく、大好きな歌を歌っていきたいと思っておりますので、今後ともよろしくお願い致します」とファンにメッセージを送った。

12