メイン

「誰より好きなのに」で知られるシンガーソングライターの古内東子(39)が一般男性と結婚した。29日、自身のブログで手書きのメッセージとともに「私、古内東子は、一般男性の方と先日入籍をいたしました。シンガーソングライターとして、ひとつでも多く心に届く曲を書き、そして歌っていけるよう、より一層気持ちを引きしめてまいります。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。」

古内は1993年にデビュー。1996年には日本テレビのドラマ「俺たちに気をつけろ」の挿入歌にもなった7枚目のシングルとなる「誰より好きなのに」がヒットした。

お笑いコンビのあさりどの堀口文宏(38)が結婚したことを公式ブログで発表した。お相手は女優の後藤藍(32)で、舞台「小堺クンのおすましでSHOW」で共演している。

10月20日に婚姻届を提出。ブログでは「この事が公になる前にまずは、どんな時も私を支えてくださっている皆様にご報告したく思いこの場でのご報告になりました」といい「まだまだ未熟な二人ですが、これからも変わらぬご支援ご鞭撻(べんたつ)の程何とぞよろしくお願い致します」と結んでいる。

昨年の12月に入籍した元日本テレビの宮崎宣子アナウンサー(33)が6日、結婚披露宴を行い、花嫁姿を披露。新郎の一般男性(34)とのなれそめについて、幸せいっぱいに語った。

純白のウエディングドレス姿で登場した宮崎は「気持ちがシュッとします」とニッコリ。すでに9月17日にハワイでも挙式を済ませており、これが2度目のドレス姿。

夫とは友人を交えた食事会で知り合った。当時、銀色の髪の毛にVネックという外見に「初対面は最悪だった。あんまり関わらないほうがいいと思った」と苦笑い。交際の予感すらなく「彼の良さに気づくまで2年かかった」と明かした。

「電話も取ったことがなかった」という宮崎の冷たい態度にも変わらないアプローチに、「これだけ酷い私でもいいならよっぽど良い人かもしれない」と心変わり。「半信半疑」で交際が始まったという。

プロポーズは、宮崎からで9月4日の誕生日が近づくと「誕生日に結婚しようと思う」と突然に切り出したという。「2週間後に相手のご両親と食事会をした。ひらめきと直感と勢い」とあっけらかん。12月の入籍日には、東京タワーの真下で夫から「明日が人生最後と考えた時に、一緒にいたいと思ったのが宣子でした」というプロポーズを受けても、「寒かったので。ロマンチックな雰囲気はなかった。ちょっと味わっておけばよかった」と後悔していた。

大島さと子が結婚

情報番組の司会などでも人気の女優・大島さと子(53)が53歳の誕生日にあたる9月17日に結婚していたことが4日、分かった。お相手はハワイ在住の54歳会社経営者。高身長で体格のいいイケメンという。大島は妊娠はしておらず、今後も国内で仕事を続けていく。お互いの仕事があるため、しばらくは別々に生活するといい、挙式・披露宴や会見を行う予定もないという。

2人は20代のころに友人を通じて出会ったが、当初は仲のいい友人という間柄だったという。交際に発展したのは8年前。81年のデビュー以来、ほぼ毎年、訪れているというハワイ旅行に出掛けた際、夫となった男性とお互いの人生について相談しあったことがきっかけとなり、交際がスタートした。

結婚は、06年10月2日から今年9月28日まで6年間にわたり司会を務めたテレビ東京の生活情報番組「レディス4」の卒業を機に決断。大島は自身の誕生日にあたる9月17日に、都内の区役所に婚姻届を提出した。大島は周囲に「50歳半ばでの結婚。お互いの仕事もプライベートも助け合っていく人生のパートナーとして、一緒に歩んでいきたいと思った」と幸せそうな笑顔で話しているという。

明るく気さくな人柄が人気の大島。今後もテレビ朝日系土曜ワイド劇場「検事・朝比奈耀子」などでの女優としての活動に加え、バラエティーや情報番組などに引っ張りだこ。国内での仕事を継続しながら、将来的に日米どちらに住むかを決めていくという。

潮田玲子

バドミントン元日本代表で、9月に現役を引退した潮田玲子と、サッカーJ1柏レイソルに所属する増嶋竜也が30日、結婚したことを発表した。

9月30日は潮田の29歳の誕生日。22日に行われた「ヨネックス・オープン・ジャパン」で現役生活に別れを告げたばかりの潮田は、"バースデー婚"で第2の人生をスタートさせた。増嶋選手は、所属する柏レイソルのホームページ上で「シーズン中ではありますが、このたび入籍することになりました」と、結婚を報告。潮田については「彼女は同じアスリートとして理解し合えるものが多く、共に成長していける存在です」と、これからの人生を二人三脚で歩む決意を伝えた。「これを機に、より責任感をもって、サッカーに打ち込んで行きたいと思います」と、さらなる活躍を誓っている。

今年7月には潮田が自身のブログにて、増嶋に向けて書いたものとみられる「大切な君へ」と題したエントリーで熱い思いをつづるなど、交際は順調で結婚間近とみられていた。

12