メイン

巨人・辻内崇伸投手が結婚

巨人・辻内崇伸投手(25)が結婚することが分かった。お相手は神奈川県在住の会社員・秋本こずえさん(29)。25日に婚姻届を提出する。2009年夏から3年半の交際を経てのゴールイン。入団7年目にして初めて1軍昇格を果たした1年をハッピーエンドで締めくくり、来季の飛躍を目指す。

クリスマスに、ロマンチックにゴールインする。辻内は4歳上の姉さん女房の印象を「本当に明るくて元気をくれる。いつも僕を支えてくれるし、この人と一緒に歩んでいきたいと思える人です」とはにかみながら語った。

これまで肘や肩の度重なるけがに見舞われてきた左腕だが、今季はファームで43試合に登板するなど「初めて大きなけがなく戦えたシーズンだった」。そんな左腕を支えたのが、こずえさんの愛情たっぷりの手料理だ。今年7月からは横浜市内のマンションで同居を開始。「料理がめっちゃうまい。野菜も食べさせてくれるし、栄養面で支えてくれたおかげで、けがなくやれたと思う」。特に絶品なのが「濃いめのみそ汁」で、力の源になっている。

そのおかげもあって、8月16日の中日戦(ナゴヤD)ではプロ7年目で初めて1軍に昇格。登板機会がないまま22日に抹消されたが「1軍で投げるために何が必要かを測ることができた」と大きな収穫を手にした。来年1月には野間口、日本ハム・武田勝との合同自主トレに帯同する。プロ8年目の来季に向けて、ガムシャラに向上しようとしている。

「支えていかなければいけない人がいるという責任感を持って、来年こそは絶対に1軍で投げたい」。来季は、生涯の伴侶を得た元・怪物がついに覚醒する。

辻内 崇伸(つじうち・たかのぶ)
1987年12月5日、奈良県生まれ。25歳。大阪桐蔭高では3年夏の甲子園で1試合19三振を奪うなど4強に導く。05年高校生ドラフト1巡目で巨人入団。過去に1軍登板なし。今年3月17日、西武とのオープン戦(西武D)で初の1軍マウンド。185センチ、88キロ。左投左打。背番号98。来季年俸は550万円。

浦和レッズのMF山田直輝が結婚

浦和レッズは、クラブの公式HPでMF山田直輝が、さいたま市在住の22歳一般女性と入籍したと発表した。

クラブを通じて山田直は「この度、私事ではありますが、入籍いたしました。新たに家族が増えるということで身の引き締まる思いです。今まで以上に責任感を持ってがんばっていきたいと思いますので、これからも応援よろしくお願いします」と、コメントを発表している。

22歳の山田直は、今シーズン、リーグ戦で2試合の出場にとどまっていた。

双子の女優、三倉佳奈が結婚

三倉佳奈

NHK連続テレビ小説「ふたりっ子」で愛らしい演技を見せた「マナカナ」の愛称で知られる双子の女優、三倉佳奈(26)が、アパレル会社勤務の1歳年上の男性と結婚した。

お相手は、佳奈が大学時代に知り合った男性で、現在アパレル会社に勤務。交際7年半を経て28日に婚姻届を提出。挙式は来年の予定で仕事は続けるという。

佳奈はこの日、更新したブログで結婚を報告。「彼との穏やかな時間の尊さを感じ、結婚に至りました。優しくて家族思いの、とても温かい方です」と記すとともに、姉の茉奈へ「ずっと側で見守ってくれた茉奈も、本当にありがとう」と感謝のメッセージを書き込んだ。そして、「未熟者の私ですが、笑顔の絶えない温かい家庭を築いていきたい」と結んでいる。

姉の女優、三倉茉奈(26)も自身のブログで妹の結婚を祝福。「小さい頃は、"2人で同じタイミングで結婚したいね"と言っていたので、先に結婚されてしまうとショックだろうと思っていましたが...全然違っていました。いま私も、すごく嬉しくて幸せです。佳奈、本当におめでとう!」とつづった。

女優・飯島直子が再婚

女優・飯島直子(44)が25日、同日入籍したことを発表した。お相手は3年ほど前に知人の紹介で知り合い、1年半ほど前から交際していたという会社経営者(45)。妊娠しておらず、芸能活動は続ける。

飯島は「三年程前から友人としてお付き合いさせて頂いておりましたが、時が過ぎゆく中で、本当に自然とこの日を迎えました。私の大切な家族や友人、そして私自身を理解してれる、優しさが側にあったからだと思います」と結婚を決めた理由を説明。お相手の男性について、「私より一つ年上で会社経営をなさっています。私をいつも支えてくれ、頼りになる素敵な方です」と幸せいっぱいにつづった。

女優・野波麻帆(32)が、4歳年下の長身イケメン俳優・水上剣星(28)と、今月上旬に入籍していたことが12日、明らかとなった。野波は現在、妊娠3カ月で来年初夏に出産予定。挙式、披露宴は未定という。野波は結婚、出産後も女優を続ける。

2人は2010年に知人の紹介で知り合い意気投合。同居はしておらず、現在新居を探しているという。

野波は、文書で「価値観が似ていること、誠実で心優しい彼の人柄に惹かれた」ことを明かし、「将来を見据えながらお付き合いをさせて頂いていましたが、このようなうれしい出来事に、夫婦として親としてこれから長い人生を、共に歩んでいこうと決めました」と結婚を視野に入れた交際から、妊娠したことがきっかけで入籍を決意したと報告した。そして、「今は母親になるという喜びと、ただただ本当に愛する人と家族になれたという事に、涙が溢れるほど幸せを感じている毎日です」と穏やかな文面で、幸せいっぱいの心境をつづった。

水上も「彼女との将来を考えていく中で、2人の間に子供を授かり父親になる大きな喜びと責任を感じています」とコメントした。

野波は96年、第4回東宝「シンデレラ」オーディションでグランプリを受賞し芸能活動を開始。98年の映画「愛を乞うひと」で、第22回日本アカデミー賞の新人賞と助演女優賞を受賞するなど映画やドラマを中心に活動。一方の水上は09年フジテレビ系「東京DOGS」でドラマデビュー。現在もTBS系「パーフェクト・ブルー」に出演するなど、ドラマを中心に活動している。

12