メイン

伝統河内音頭継承者の河内家菊水丸(50)が再婚したことが17日、分かった。お相手はテレビショッピングで知られるタレント、高橋知裕(ちひろ=45)。昨年末の甲状腺乳頭がんの手術後、献身的に支えてくれた高橋にひかれたという。

がんを乗り越えた先に、うれしいゴールが待っていた。盆踊りの季節を前に、復活の歌声に"愛の力"が加わった。

「私にとって命同様の声を失うかもしれない手術を受け、一回人生終わったかなという気持ちでした。ありがたく復帰した段階で、人生新スタート。だから再婚というより初婚という感じです」

お相手の高橋は、「日本直販テレビショッピング」などで知られるタレント。4年前、彼女がイベントで司会をしていたときに出会い、顔見知りに。1月に手術が報じられた際、新聞記事を見た高橋から励ましの手紙が何度も届いたという。

手術後、海草類を取ってはいけない食事制限があったため、心配した高橋が料理を作って宅配便で送ってくれ、さらに家まで来て作ってくれるようになり、交際がスタート。「献身的に支えてもらったんです。入籍したのは最近です」としみじみ。すでに大阪市内で同居し、新婚生活をスタートさせている。

菊水丸は昨秋、甲状腺乳頭がんと診断され、12月25日に摘出手術を受けて、今年1月に退院。自宅療養を続けながら、3月2日に「吉本百年物語2月公演」の千秋楽にサプライズ出演し、歌声を披露した。「そのころも料理を作ってもらっていました」。復活の陰に"内助の功"があった。

1986年に結婚し、1女1男に恵まれたが、2001年2月に離婚。「一人もんを12年間続けてたので食生活も偏っていた。彼女はそれを心配してくれた。

プロバスケットボールの五十嵐圭選手(33)とフジテレビの本田朋子アナウンサー(29)が16日、婚姻届を提出したことがわかった。五十嵐選手は同日付の自身のブログで「本日婚姻届けを提出致しました」と報告し、ほぼ同時にブログを更新した本田アナも「今日から新しい家族が増え、とても嬉しく、とても心強く感じています」と喜んでいる。

五十嵐選手は「家族が増えるということもあり、嬉しさが込み上げてくると同時に気の引き締まる思いでもあります。これから、妻と一緒に温かい家庭を築いていきます」と新たな生活に向けて意気込み、「至らぬ点もあるかと思いますが、今後とも夫婦共々宜しくお願い致します」と結んでいる。

本田アナは「夫と手を携えて、気持ち新たにしっかりと歩んでいきます」と心境を明かし「まだまだ未熟者ですので、人生の先輩方にご指導をいただきながら、逞しい妻になっていきたいです」と抱負をつづっている。

また9月末をもってフジテレビを退社予定の本田アナは「フジテレビアナウンサーとしてお仕事できるのは、あと二ヶ月半...私の決断を温かく受け入れて下さった関係各所の方々に感謝しながら、精一杯臨みます!」と誓っている。

五十嵐選手は、今年4月に自身のブログで本田アナとの交際を明らかに。二人は来夏に挙式・披露宴を予定しているという。

1