メイン

2010年4月27日

肝硬変をわずらって長い闘病生活

59歳の女性を納棺しました。
女性は、肝硬変をわずらって長い闘病生活だったそうです。
肝硬変で怖いのは、その合併症です。合併症にかかった場合、重い症状があらわれることがあります。ここでは、肝硬変によくみられる「三大合併症」といわれるものをご紹介します。

腹水
たんぱく質を含む体液が肝臓や腸の表面からでてきておなかにたまる状態。
おなかがぽっこりと膨らむ。

肝性脳症
肝機能の障害のため、血液中の毒性物質が除去されず、脳に毒性物質が入り、脳の機能に障害を与える。
行動・気分の変化、判断力の低下、睡眠パターンの崩れなどがみられる。
ひどいと錯乱状態、こん睡状態などになる。

食道静脈瘤
静脈の血管にコブができる。
コブは血管内なので自覚しにくく、破裂すると大量出血するので死に至ることもある。

今回は、腹水が溜まり、肝性脳症で死亡ざれたようです。
祭壇に飾ってある、遺影写真は、スマートな女性であった。
ドライアイスで腹部は、ある程度凍っていたが、腹の中は腹水でポチャポチャ・・・
故人は、顔は小柄で美人ぽい・・
家族から、生前着ていた訪問着を着せてほしいと要望があり、長襦袢・着物・帯を長い時間をかけてタンスから探し始めた。
時刻も過ぎ、たくさん着物を持っていたのかなかなか決まらない。
桜と鴬を描いてある、高価そうな着物を探して「これを着せてください」
通常でした、後から上から羽織る方法でするのですが、家族のご意向だったので、着物を着せることを了解しました。
着ている浴衣を脱がし、まず下着変代わりに仏衣を通常通り着せてから、長襦袢から着物を着せてあげた。
腹水が溜まって、背丈を調整するのが大変・・・
なんとか、長襦袢と着物を一緒に着せたので、調整が難しいかった。
最後に帯は締めることが出来ないので、お腹の上から巻くように押し込んで、格好だけは整った。
そのまま、柩に納めました。

2010年4月 7日

納棺での弔辞

先日、剃刀のケースを足で踏み潰され、破損していました。
昨日、「フェザー」に連絡してケースはあるか問い合わせたところ、仕事に内容を説明してケースがほしいと頼みました。
ケースだけ販売していないそうです。
のちほど、連絡が入り、ケース単品を差し上げるというこで、無料で送っていただきました。
対応がすごく良かった。

フェザー理美容商品 プロフェッショナルシリーズ
http://feather.co.jp/jBarber_professional.htm

67歳の男性です。
ホールの都合上、一日延びて納棺だけ早く行いたいといわれ、通夜の前日に納棺をしました。

遺体は、普通で綺麗な顔をしていました。
ギャラリーは、およそ30人ぐらいでしょうか。
久しぶりに依頼があった葬儀社なので、気合いを入れて丁寧に仕事をさせていただきました。
新しい剃刀ケースから剃刀を取り出し、髭が濃いので新しい替え刃に交換して髭を綺麗にさせていただきました。
何故か、孫らしき男の子が三人が故人の頭の上に正座をしていました。
普通は、少し離れて見ているのものなのですが、
「そんな近くでも大丈夫?」
子どもたちは、平気な顔。

棺に遺体を納めて、故人の背広を中に入れると、突然、遺族から
「孫たちの手紙も入れてほしい」
「はい、わかりました」
すると、10歳ぐらいの男の子が、その手紙を読み始めました。
続いて、8歳ぐらいの男の子、6歳ぐらいの男の子が次々を読み始めました。
近くにいたのは、このことだったのです。
内容は、おじぃちゃんとの思い出、教えていただいたことなど葬儀のときの「お別れに言葉」に近いものでした。
お手紙を読み終えると、親族から拍手・・・
なんとも、いえない光景でした。
納棺の儀式で弔辞を読まれたのは初めての出来事でした。

1