メイン

2012年1月12日

柩の蓋が閉まらない

遺体には、様々な恰好で亡くなる方がいます。
体が小さく、くの字になっている方や顎が天井を向いていて首が開いて曲がらない方。
膝が曲がっていて全然伸びない方。
今回は、左足が麻痺をしていて腰と膝が垂直になっていて、背が高い方で足も長い。
これが原因でそのまま納棺すると柩の蓋が浮いてしまう。
柩もふたに余裕のある布張りの柩を用意してもらったが、膝までの高さを測ってみるとやはりこの状態では蓋が閉まらない。
喪家について、遺体を確認していると長男から
医者が言うには「膝をのばすには、必ず『バキ!』っという音がでます」
長男からは、絶対に『バキ!』をいわせないでくれ。斜めになってもいいからと言われました。
仕方がないので、そのまま仏衣に着せ替えまではしたのですが、柩に入れた状態で一度蓋の確認をしてみる。
やはり、蓋が浮いてしまい強めに抑えてみたが、反動で元に戻ってします。
体を斜めにして、両足をタオルで縛りなんとか柩に収めることができた。
足を縛っているとき、故人の奥さんが「なんでこんなことにせんなん!」叫ぶように泣いていました。
こんなに辛い納棺は初めてかもしれません。

いつもは、早めに当家に伺って、戸を閉め切って関節を折ったり関節を外したりして納棺までにはある程度身体をほぐしているものだが。

納棺が終わり、自宅から式場まで運搬している途中で「縛っても、バキ!よりもいいでしょう」と長男な言っていました。

満足な納棺はしていないが、遺族意向を大切にした納棺ではなかっただろうか。

1