メイン

2008年8月27日

深浦加奈子

女優の深浦加奈子さんが25日午後10時57分、S状結腸がんのため、東京・港区内の病院で亡くなっていたことが26日、分かった。48歳だった。

日テレ系「家なき子」などテレビドラマを中心に、名バイプレーヤーとして活躍。約5年前からがんと闘い続け、今月4日の入院直前まで芸能活動に意欲を燃やしていた。葬儀は9月2日に近親者のみの密葬を行い、喪主は父・栄助さんが務める。後日、親しい関係者らでお別れ会を行う予定。

深浦さんの父・栄助さんによると、深浦さんは5年ほど前からがんを患い、入院、手術を繰り返し仕事をしていたが、肺への転移などもあり今月4日に症状が悪化し、入院。同24日に昏睡(こんすい)状態となり、帰らぬ人となった。7月27日に収録し、今月6日に放送されたテレビ新広島報道特番「描けなかった2枚の絵~原爆が投下された日の記憶~」のナレーションが最後の仕事となった。

深浦さんは明治大学演劇学科に在籍中の80年、劇作家の川村毅氏(47)とともに「劇団第三エロチカ」を旗揚げ。看板女優として活躍。89年の退団後は数多くのテレビドラマや映画、舞台などで名バイプレーヤーとして活躍を見せていた。

昨年7月に会ったという川村氏とは、劇団創設30周年を迎える2010年に解散式を行う計画を立て、周囲にも「そのときまでに元気になっておくね」と意欲を見せていたという。今年3月に行った川村氏の公演への出演オファーも受けていたというが、体調が思わしくないことから出演を断念。川村氏は「周囲に弱みを見せない気丈な人だった」と、しのんだ。

2008年8月18日

金杉太朗

俳優の金杉太朗(本名:深沢太朗)、脳挫傷のため東京都新宿区の病院で2日死去、33歳。3月に地下鉄池袋駅で線路に転落して頭を打ち、意識が戻らないまま死去した。

1974年川崎市生まれ。劇団日本児童の出身。TBS系ドラマ「3年B組金八先生」「天までとどけ」などに出演。07年日本テレビ系ドラマ「喰いタン2」などにも出演。

2008年8月 8日

赤塚不二夫さん死去 おそ松くん、天才バカボン

漫画家の赤塚不二夫(本名:藤雄)、肺炎のため東京都文京区の病院で2日死去、72歳。

1935年中国東北部(旧満州熱河省)生まれ。46年奈良県大和郡山市に引き揚げ。新潟県内の中学を卒業後、2年間地元の看板屋で働く。18歳で上京、化学薬品工場の工員をしながらマンガを描く。56年に貸本マンガ「嵐をこえて」でデビュー。石ノ森章太郎さんら多くのマンガ家が住んだアパート「トキワ荘」で本格的な創作活動を始めた。

58年初の月刊誌連載となった「ナマちゃん」を発表。62年六つ子を主人公にしたギャグ漫画「おそ松くん」を「週刊少年サンデー」に連載。同年少女マンガ「ひみつのアッコちゃん」を「りぼん」に連載し、人気マンガ家となる。

67年「天才バカボン」「もーれつア太郎」が連載開始。テレビアニメ化され、一大ブームを巻き起こした。72年赤塚不二夫責任編集の雑誌「まんがNo.1」を刊行するが、73年6号で休刊。74年実験的に山田一郎のペンネームを使うが3カ月で元に戻した。

64年「おそ松くん」で小学館漫画賞、72年「天才バカボン」で文芸春秋漫画賞、97年日本漫画家協会文部大臣賞を受賞。

98年年食道癌を手術、02年検査入院中に脳内出血を起こし緊急手術を受け闘病中だった。

フジオ・プロ | Fujio Productions

赤塚不二夫公認サイト これでいいのだ!

続きを読む "赤塚不二夫さん死去 おそ松くん、天才バカボン" »

1