メイン

2008年9月18日

日野てる子

歌手の日野てる子(本名:一ノ瀬照子)、肺癌のため9日死去、63歳。

1945年愛媛県松山市生まれ。62年全日本ハワイアンコンテスト優勝をきっかけに、63年上京。バッキー白片、山口銀次らに師事。64年ハワイアン歌手としてデビュー。

65-67年までNHK紅白歌合戦に連続出場。代表曲の「夏の日の想い出」はミリオンセラー。ほかに「さいはての湖」「浜辺は夜だった」など。サザンオールスターズの原由子がアルバム「東京タムレ」でカバーしている。

夫は作曲家・編曲家の一ノ瀬義孝。

2008年9月16日

リチャード・ライト

英プログレッシブ・バンド「ピンク・フロイド」のオリジナル・メンバーでキーボーディストのリチャード・ライト(Richard Wright)、癌のため自宅で15日死去、65歳。

1943年英ハッチエンド生まれ。リージェント・ストリート工科建築大学(現:ウェストミンスター大学)で、ロジャー・ウォーターらに出会い、65年「ピンク・フロイド」を結成。67年シド・バレット作のシングル「アーノルド・レーン」でデビュー。同年ファースト・アルバム「夜明けの口笛吹き」をリリース。68年シド・バレット脱退。73年アルバム「狂気」が大ヒット。

ピンク・フロイド在籍中の78年ファースト・ソロ・アルバム「Wet Dream」を発表。その後ロジャーと対立し、79年発表のアルバム「ザ・ウォール」制作時に脱退(解雇)。87年デヴィッド・ギルモアとニック・メイスンがピンク・フロイドを再始動。アルバム「鬱」制作の後半になってバンド復帰する。

2008年9月11日

野田凪

宇多田ヒカル、YUKIら人気アーティストのCDジャケットデザインやアニメ『ハチミツとクローバー』(フジテレビ系)のオープニング映像を手がけた映像作家の野田凪さんが、9月7日(日)に亡くなっていたことが公式ホームページで発表された。34歳という若さだった。

野田さんが主宰する有限会社宇宙カントリーの公式ホームページによると、死因は「数年前の交通事故の後遺症から用いていた強い鎮痛剤の誤飲による不慮の事故」だったという。

野田さんはラフォーレ原宿、コカ・コーラ、ナイキなど、大手企業の広告デザインや、ユニクロのTシャツのデザインを手がけたほか、YUKIのシングル「センチメンタルジャーニー」などのプロモーションビデオなども制作。幻想的でポップな作風で注目を集めていた。

2008年9月 9日

直木賞作家の寺内大吉

直木賞作家で増上寺法主の寺内大吉(本名:成田有恒)、心不全のため東京都内の病院で6日死去、86歳。

1921年東京都生まれ。45年大正大学宗教学部卒業。在学中に世田谷区の大吉寺住職となる。

55年「逢春門」でサンデー毎日大衆文芸賞、56年「黒い旅路」でオール読物新人賞受賞、57年に司馬遼太郎らと同人誌「近代説話」を創刊、60年同誌掲載「はぐれ念仏」で直木賞、83年長編「念仏ひじり三国志」で毎日出版文化賞を受賞する。

このほか短篇「すぷりんたあ」は、68年「セックス・チェック-第二の性」として増村保造監督で映画化。「化城の昭和史」は昭和初期の軍事体制下の宗教関連小説の代表作。

TBSキックボクシング中継の解説者のほか、野球、ボクシングなどスポーツ評論の分野でも活動。僧侶としても過去に浄土宗宗務総長(91-01年)や佛教大学理事長を歴任するなど、名声を得ていた。「競輪上人随聞記」「法然のことば」の著書もある。

1