メイン

2009年2月28日

佐竹明夫

俳優の佐竹明夫(本名:中山賢雄)、剥離性大動脈破裂のため26日死去、83歳。

1926年東京都生まれ。早稲田大学理工学部建築科を卒業。三菱電機大船工場に勤務。

電車中でスカウトされ、51年東宝に入社。映画「死の断崖」でデビュー。劇団俳優座養成所第に2期生として入団。劇団俳優座、松竹を経てフリーに。
出演作にTV時代劇「水戸黄門」など。

2009年2月21日

中村又五郎

歌舞伎俳優の中村又五郎(本名:中村幸雄)、老衰のため東京都内の自宅で21日死去、94歳。

1914年東京都生まれ。20年2代目中村又五郎を襲名して初舞台。初代中村吉右衛門の下で名子役として活躍。吉右衛門劇団の幹部俳優として女形から、若衆、老け役、三枚目と幅広い役柄を演じた。61年東宝に移籍。商業演劇、テレビなどにも出演し名脇役ぶりを発揮した。

国立劇場の俳優養成事業の主任講師として、数多くの歌舞伎俳優を育てた。紫綬褒章、勲四等旭日小綬章などを受章。97年重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定された。屋号は播磨屋。俳名は紫琴。

前田隣

コメディアンの前田隣(本名:中澤永一郎)、肝硬変のため19日死去、72歳。

1936年東京都品川区生まれ。56年東京池袋アヴァンギャルド(後に池袋アバン座に名称変更)でデビュー。コロムビア・トップ・ライトの門下。漫才「青空あれや・これや」で活躍。64年「ナンセンストリオ」に加入。「親亀の背中に子亀を乗せて~」「赤上げて! 白下げて!」などのギャグで知られた。トリオ解散後、ひとりで活動していた。

2009年2月16日

山下みらい

生まれつき腸に神経がない難病のため、米国で06年に手術を受けた山下みらいちゃん(2)=愛知県春日井市=が13日、入院先の米・ニューヨーク州の病院で亡くなった。臓器移植手術費の募金活動などで支援してきた「山下みらいちゃんをすくう会」によると、最後は人工呼吸器などの生命維持装置を外され、両親に抱かれて息を引き取ったという。

同会の住友隆介会長によると、みらいちゃんは06年12月に米国で腸などの移植手術を受け、07年6月帰国。最近では、つかまり立ちを始めていた。

しかし昨年末に肝機能の数値が悪化し、検査のため渡米。その後、容体が急変し、1月末に緊急手術を受けたが思うように回復せず、集中治療室に入っていたという。

2009年2月 9日

一風堂 藤井章司

ヒット曲「すみれSeptember Love」で知られるバンド「一風堂」のドラマー・藤井章司(ふじい・しょうじ)さんが6日未明、急性心筋梗塞(こうそく)のため埼玉県春日部市の自宅で亡くなっていたことが8日、分かった。54歳だった。

藤井さんは一風堂の他、Charらとともに「スモーキー・メディスン」を結成。最近ではライブハウスで若手アーティストのサポートメンバーとしても活躍していた。

2009年2月 6日

山内一弘

元プロ野球ロッテ及び中日監督の山内一弘、肝不全のため東京都内の病院で2日死去、76歳。

932年愛知県一宮市生まれ。愛知・起工高から川島紡績を経て、52年毎日(現:ロッテ)入団。「ミサイル打線」の中軸として活躍。60年塁打32本を放ち、本塁打王と打点王を獲得、パ・リーグMVPを受賞。

小山正明との「世紀のトレード」で阪神に移籍。65年プロ野球史上初の300本塁打、67年川上哲治に次ぐ2人目の2000本安打を達成する。68年広島に移籍したのち引退。

19年間の通算成績は打率0.295、396本塁打、1286打点。首位打者1回、本塁打王2回、打点王は4回獲得。ベストナイン10回受賞。

引退後は巨人(71-73)、阪神の打撃コーチ(75-77))を経て、ロッテ(79-81)と中日(84-86)で監督を務める。02年野球殿堂入りした。

2009年2月 4日

泡坂妻夫

作家の泡坂妻夫(本名:厚川昌男)、3日死去、75歳。

1933年東京都生まれ。家業はは神田で「松葉屋」の屋号を持つ紋章上絵師。都立九段高校を卒業。会社勤めを経て、家業を継ぐ。

75年「DL2号機事件」で第1回幻影城新人賞に佳作入選。40歳を過ぎて作家に転進する。探偵「亜愛一郎」が登場する本格推理で読者を獲得した。
78年「乱れからくり」で日本推理作家協会賞、88年「折鶴」で泉鏡花文学賞、90年紋章上絵師を主人公にした「蔭桔梗」で直木賞を受賞した。

奇術師の顔も持ち、68年第2回石田天海賞を受賞。自身の名を冠した奇術賞に厚川昌男賞がある。直木賞の受賞記者会見では奇術を披露した。

1