メイン

2009年3月31日

金田龍之介

俳優の金田龍之介、慢性腎不全のため埼玉県草加市の病院で31日死去、80歳。

1928年東京都生まれ。33年子役として大阪天満八千代座にて初舞台。関西で新劇活動を続けた。56年上京し、劇団新派に入団。68年「悪名十八番」で映画デビュー。大きな目と体格を生かし、悪役から善人まで幅広い脇役をこなした。

69年「極楽夫婦」で放送作家協会賞、01年文化庁長官賞、04年松尾芸能賞優秀賞を受賞。

舞台の代表作は一人芝居の「円空」、蜷川幸雄演出「王女メディア」、スーパー歌舞伎「新・三国志」シリーズ、麻実れいとの二人芝居「サラ」。テレビは大河ドラマ「国盗り物語」「秀吉」をはじめ「君の名は」「あすか」など多数。映画は「悪名十八番」「スーパーの女」「ぼくらの七日間戦争 」などに出演した。

2009年3月30日

露の五郎兵衛

落語家で前上方落語協会会長の露の五郎兵衛(本名:明田川一郎)、多臓器不全のため兵庫県西宮市の病院で30日死去、77歳。

1922年京都市生まれ。中国から引き揚げ、47年二代目桂春団治に入門。桂春坊、桂小春団治を経て、68年二代目露の五郎を名乗る。05年落語家の祖とされる露の五郎兵衛の二代目を襲名、約300年途絶えていた名跡を復活させた。艶噺や怪談などを得意とした。

94-03年まで上方落語協会会長。85年文化庁芸術祭賞、00年紫綬褒章、07年旭日小綬章受章。著書に「上方落語夜話」「上方落語のはなし」など。

2009年3月28日

藤間紫

日本舞踊紫派藤間流家元で女優の藤間紫(本名:喜熨斗綾子,Kinoshi Ayako)、肝硬変で27日死去、85歳。

1923年東京生まれ。元日本医科大学学長河野勝斎の長女。30年から日本舞踊を始め、35年藤間流六代目・藤間勘十郎に入門。41年名取になり、藤間紫を名乗る。48年舞踊家では珍しく舞踊劇「淀君」を発表。

95年舞台「西太后」で新しい西太后像を作り反響を呼ぶ。
92年菊田一夫演劇賞演劇大賞、93年文化庁長官賞など受賞。

23歳年上の師匠・藤間勘十郎と戦時中に結婚するが、流派運営などをめぐり対立。85年勘十郎と離婚。87年自ら紫派藤間流を創設。00年16歳年下の三代目市川猿之助(本名:喜熨斗政彦)と再婚した。

2009年3月27日

遠藤幸雄

体操の五輪金メダリストの遠藤幸雄、食道癌のため東京都千代田区の病院で25日死去、72歳。

37年秋田市生まれ。体操の五輪、世界選手権男子団体総合10連覇など「体操ニッポン」栄光の時代の中心選手で、中学2年生で体操を始める。秋田工業高校、東京教育大学(現:筑波大学)を経て、日本大学を卒業。同大助手となる。

60年ローマ五輪で日本初の団体総合優勝。64年東京五輪の個人総合で日本選手初の金メダリストとなった。東京五輪では団体総合、個人総合、種目別平行棒で金メダルに輝いた。68年メキシコ五輪で日本選手団の旗手を務め、団体総合3連覇。
五輪3大会に出場し金5、銀2の計7個のメダルを獲得した。

日本大学文理学部教授を務め、日本オリンピック委員会理事、日本体操協会の専務理事、副会長を歴任した。96年紫綬褒章を受章、99年国際殿堂入りし、08年旭日中綬章受章。

2009年3月25日

辻昌建

日本ミニマム級1位辻昌建選手(30=帝拳)が24日午前6時30分、入院中の都内の病院で急性硬膜下血腫のため死去した。日本ボクシングコミッション(JBC)が発表した。辻選手は21日の同級王座決定戦(後楽園ホール)で、KO負けした後に意識を失い、救急車で病院に搬送され、開頭手術を受けていた。

JBCによると、リング上の事故で死亡した例は52年のJBC設立後、35人目。辻選手は02年10月にプロデビューし、戦績は16戦12勝(3KO)2敗2分け。

2009年3月23日

青井達也

青井達也さん76歳(あおい・たつや=日本ラグビーフットボール協会顧問、慶大ラグビー部OB会「黒黄会」元会長)22日、脳こうそくのため死去。
慶大出身で、横河電機(現横河武蔵野)などでプレー。現役時代は主にCTBとして活躍し、日本代表6キャップ。日本協会では理事、評議員、監事を歴任した。

2009年3月21日

安田伊佐夫

日本中央競馬会調教師の安田伊佐夫、病気のため20日死去、64歳。

1944年宮崎県生まれ。61年武田文吾厩舎の見習騎手となり、63年同厩舎から騎手デビュー。79年騎手引退。騎手時代の成績は通算2983戦342勝。

調教師免許を取得し、80年厩舎開業。85年ライフタテヤマでシンザン記念を制し、調教師として重賞初制覇。01年メイショウドトウで、息子の安田康彦騎手とともに父子で宝塚記念(G1)を制した。

1