メイン

2009年4月21日

清水由貴子

元タレントの清水由貴子、静岡県小山町大御神の富士霊園で21日死去、49歳。

硫化水素を発生させて自殺したとみられる。近くに遺書のようなものがあった。近くでは80代の母親がは意識不明の状態で、車椅子に座っていた。

1959年東京都生まれ。76年NTV「スター誕生!」で合格。77年「お元気ですか」で歌手デビュー。日本テレビ音楽祭新人賞、FNS歌謡祭優秀新人賞など各賞を獲得。同期の高田みづえ、榊原郁恵と「フレッシュ三人娘」と呼ばれた。

萩本欽一の欽ちゃんファミリーのメンバーとしても活躍し、バラエティー「 欽ちゃんの週刊欽曜日」ほか、ドラマ「花よめは16歳」などに出演した。
06年実母の介護を理由に芸能界を引退。

2009年4月20日

岡本信

グループサウンズ「ザ・ジャガーズ」元ボーカルの岡本信、東京都北区の自宅マンションで19日死去、59歳。浴槽で死亡しているのを知人女性が発見し110番した。

1949年神奈川県生まれ。67年「ザ・ジャガーズ」結成。デビュー曲「君に会いたい」が大ヒットし人気を得る。71年解散後はソロとして活動。

その他の代表曲として「ダンシングロンリーナイト」「マドモアゼルブルース」「キサナドゥの伝説」など。

2009年4月17日

上坂冬子

ノンフィクション作家で社会評論家の上坂冬子、14日死去、78歳。

1930年東京都生まれ、愛知県豊田市育ち。愛知県立豊田東高等学校卒業後、49年トヨタ自動車工業に入社。

59年社内の出来事をつづった「職場の群像」でで第一回中央公論社思想の科学新人賞を受賞し、評論家デビュー。62年執筆活動に専念。

初期には婦人問題に関する評論を手がけ、のち戦争犯罪や従軍慰安婦など戦後史を扱ったノンフィクションを執筆。主な作品に「生体解剖-九州大学医学部事件」「巣鴨プリズン13号鉄扉」「宰相夫人の昭和史」「慶州ナザレ園-忘れられた日本人妻たち」「男装の麗人・川島芳子伝」など。

93年菊池寛賞、正論大賞。保守派の論客としても活躍した。

2009年4月14日

小松則幸

プロボクサーで元東洋太平洋フライ級王者の小松則幸、滋賀県大津市で滝壺に転落し13日死去、29歳。5月13日東京・後楽園ホールで亀田大毅とノンタイトル10回戦を戦う予定で、練習のため滝行を行っていた。

1979年大阪府寝屋川市生まれ。97年エディタウンゼントジム所属でプロデビュー。02年9月東洋太平洋フライ級王座決定戦に挑戦。孫正五(韓国)に12R判定勝ちし王座獲得。5度防衛し、04年9月トラッシュ中沼に12R判定負けで同王座を失う。

05年1月WBC世界フライ級王座挑戦。世界王者ポンサクレック・クラティンデーンジム(タイ)に5RTKO負け。05年11月東洋太平洋フライ級王座のタイトル奪回。06年6月史上初の東洋太平洋、日本フライ級ダブルタイトルマッチで内藤大助に6RKO負け。

06年12月グリーンツダジムへ移籍。通算36試合で24勝(10KO)6負6分。

2009年4月 4日

美浦トレーニングセンター調教師 蛯名信広師

日本中央競馬会調教師の蛯名信広、胸部打撲のため茨城県美浦村の病院で3日死去、56歳。調教中の管理馬に蹴られ、病院に搬送されたが心肺停止。死亡が確認された。

1952年青森県生まれ。千葉県育ち。74年中山の成宮明光厩舎で騎手デビュー。93年まで騎手として騎乗。騎手時代は通算3486戦し、75年毎日王冠のホワイトフォンテンなど重賞6勝を含む284勝を挙げた。

93年調教師免許を取得し、94年開業。先週までに2573戦153勝(うち障害45戦3勝)の成績を残していた。

2009年4月 2日

大木実

俳優の大木実(本名:池田実)、膵臓癌のため東京都大田区の病院で30日死去、85歳。

1923年大阪府堺市生まれ。日活多摩川撮影所で照明係として10年間働いたのち、スカウトで俳優に。51年「ああ青春」でデビュー。50年代に松竹の二枚目スターとして映画「あなた買います」「張込み」などに出演。
以後、東映の仁侠映画やテレビドラマ「水戸黄門」、必殺シリーズなどに数多く出演した。他の代表作に映画「黒蜥蜴」「忘れられぬ人々」など。

1