メイン

2009年5月27日

石本美由起

作詞家の石本美由起(本名:美幸, 男性)、病気のため27日死去、85歳。

1924年広島県大竹市生まれ。幼少期から喘息を患う。
「長崎のザボン売り」という詩を歌謡同人誌に投稿。作曲家江口夜詩の目にとまり、48年小畑実の歌でレコード発売され大ヒット。50年上京し、キングレコード専属の作詞家となる。51年コロムビアレコードに移籍。美空ひばり、島倉千代子、都はるみらの楽曲を作詞し、美空ひばり「ひばりのマドロスさん」「哀愁波止場」「悲しい酒」「人生一路」などが大ヒット。こまどり姉妹のデビュー「浅草姉妹」なども手がけた。

代表曲に日本レコード大賞を受賞した「長良川艶歌」「矢切の渡し」のほか「憧れのハワイ航路」「薔薇を召しませ」「いなかっぺ大将」など多数。

日本音楽著作権協会(JASRAC)理事長、日本作詞家協会会長、日本音楽作家団体協議会副会長などを歴任した。84年紫綬褒章、98年勲三等瑞宝章を受章。

2009年5月21日

頼近美津子

元アナウンサーの頼近美津子(本名:鹿内キャサリーン美津子、心不全のため千葉県柏市の病院で17日死去、53歳。

1955年広島市県生まれ。父親は広島市の日米合同研究施設「原爆傷害調査委員会(通称:ABCC)」(現:放射線影響研究所)に勤務した日系アメリカ人2世。

東京外国語大学卒業。78年NHK入局。ニュース番組のキャスターなどを務めた。81年フジテレビに移籍し「小川宏ショー」などに出演。
84年フジテレビ副社長(当時)の鹿内春雄と結婚、引退。88年夫と死別。90年2人の息子と渡米し、米ワシントンD.C.に居住。

93年NHKの音楽番組司会者として復帰。クラシックコンサートの司会も務めた。96年NHK大河ドラマ「秀吉」に出演。

2009年5月19日

滝平二郎

版画家で切り絵作家の滝平二郎、癌のため千葉県流山市の病院で16日死去、88歳。

1921年茨城県玉里村(現:小美玉市)生まれ。県立石岡農学校(現:茨城県立石岡第一高校)卒業。戦時中は沖縄戦に従軍・復員後に、木版画家として独立。55年ごろ上京し、装幀や版画、切り絵の仕事を始める。
67年児童文学作家の斎藤隆介と組んだ絵本「ベロ出しチョンマ」の切り絵挿画で注目される。故郷の農村風景などを詩情豊かに描いた作品で知られ、挿絵を手掛けた絵本「花さき山」「モチモチの木」などが人気を集めた。

70年講談社第1回出版文化賞(ブックデザイン部門)、74年度モービル児童文化賞、第10回絵本にっぽん賞など数々の賞を受賞。

2009年5月18日

速水優元

元日本銀行総裁で元日商岩井(現:双日)社長、経済同友会代表幹事も務めた速水優、16日死去、84歳。

1925年神戸市生まれ。47年9月東京商科大学を卒業、日本銀行に入行。国際畑を中心に歩き、同行理事を経て81年退職。日商岩井専務取締役を経て、84年社長、87年会長に就任。

日銀幹部の接待汚職で辞任した松下康雄の後任として、98年-03年まで第28代総裁を務めた。日本長期信用銀行などの破綻が相次いだ金融システム不安の中で、信用秩序維持の指揮をとる。99年2月ゼロ金利政策を採用。00年8月ゼロ金利を解除したが、景気は悪化し、01年3月「量的緩和政策」を導入した。

03年学校法人聖学院名誉理事長、聖学院大学全学教授。同年聖学院大学名誉法学博士(LLの称号を受ける。

2009年5月11日

三木たかし

作曲家の三木たかし(本名:渡辺匡)、岡山県内の病院で11日死去、64歳。06年咽頭癌の手術で声帯の半分を切除していた。

1945年東京都生まれ。独学で作曲を学び、60年代に作曲家デビュー。77年石川さゆりさんの「津軽海峡・冬景色」が大ヒット。その後作詞家荒木とよひさとのコンビで、テレサ・テン「愛人」「時の流れに身をまかせ」、坂本冬美「夜桜お七」などを作曲。映画や舞台の音楽にも積極的に取り組み、91年「李香蘭」、01年「異国の丘」など、劇団四季の舞台音楽を多数担当した。

人気アニメ「アンパンマン」のテーマソングも手掛けた。

05年紫綬褒章受章。代表曲は、ほかに「めだかの兄妹」「追憶」「夜桜お七」など。日本作曲家協会理事長を務めていた。歌手の黛ジュンさんは妹。

2009年5月 4日

高英男

歌手で俳優の高英男(本名:吉田英男)、肺炎のため千葉市の病院で4日死去、90歳。

1918年樺太(現:サハリン)生まれ。11歳で勉学のために単身上京。中学卒業後、武蔵野音楽学校へ進学。1年後日本大学へ転学。42年卒業。この間の36年初舞台でソロ3曲を歌う。コーラスグループ「コーロエーコー」に入団。

51年渡仏、ソルボンヌ大学に学ぶ。翌年帰国し「枯葉」でレコードデビュー。日本人男性初のシャンソン歌手といわれた。「雪の降る町を」などをヒットさせ、シャンソンを大衆音楽として定着させた。
58年再びパリへ。その後73年頃まではパリと日本を行き来する。

91年日本シャンソン協会設立時に淡谷のり子と共に名誉顧問就任。92年フランス文化勲章シュバリエ章受章。95年勲四等旭日小綬章受章。

2009年5月 3日

忌野清志郎

バンド「RCサクセション」やソロで活躍したロックシンガーの忌野清志郎(本名:栗原清志)、癌性リンパ管症のため東京都内の病院で2日死去、58歳。

1951年東京都中野区生まれ。都立日野高等学校を卒業。
70年アコースティック編成のバンド「RCサクセション」でデビュー。シングルデビュー曲は「宝くじは買わない」。その後R&Bの色合いを強め「雨あがりの夜空に」「トランジスタ・ラジオ」「スローバラード」などがヒット。85年RCサクセションとして独立事務所「うむ」を設立。87年初のソロアルバム「RAZOR SHARP」をリリース。
91年RC無期限活動休止し、個人事務所「ベイビィズ」を設立。93年プライベートスタジオ「ロックンロール研究所」を設立した。
95年映画「119」の音楽担当として日本アカデミー賞最優秀音楽賞を受賞。同年インディーズレーベル「SWIM RECORDS」設立。

その活動は「キング・オブ・ロック」の称号で讃えられた。
音楽活動のほか、俳優活動、絵本の執筆など活動は多岐に渡る。自転車愛好家としても知られた。

反原発の楽曲を含むアルバム「カバーズ」、パンク風に編曲した「君が代」を収録したアルバム「冬の十字架」がともに発売中止になり物議を醸す。「北朝鮮に行きたい」と歌うなど、社会問題を果敢に曲に取り込むことでも知られた。しかし、運動の象徴となることは拒否してきた。

06年喉頭癌治療のための休業宣言、その後復活ライブ。08年左腸骨への転移が見つかり、ライブ活動をキャンセルし通院治療していた。

1