メイン

2010年9月21日

小林桂樹

俳優の小林桂樹さん、心不全のため東京都港区の病院で死去、86歳。

1923年群馬県室田町(現:高崎市)出身。日本大学専門部芸術科(現:日本大学芸術学部)中退。

日活へ入社し、日活演技研究所の研究生となる。42年「微笑の国」の工員役でデビュー。43年日活の製作部門が新興キネマ、大都映画と合併し大日本映画製作となり、「菊池千本桜」で主演。同年徴兵。

終戦復員し、46年「君かと思ひて」に出演。56年-71年森繁久弥主演の「社長シリーズ」全作品に出演。55年今井正監督の「ここに泉あり」で毎日映画コンクール助演男優賞を受賞。58年「裸の大将」で画家山下清を演じ、同映画コンクール主演男優賞を受賞。60年「黒い画集・あるサラリーマンの証言」でキネマ旬報男優賞、ブルーリボン大衆賞、毎日映画コンクール主演男優賞を受賞。63年岡本喜八監督「江分利満氏の優雅な生活」で戦中派の中年サラリーマンを演じ、毎日映画コンクール主演男優賞、日本映画記者会賞最優秀男優賞を受賞した。

他の出演作に映画「日本沈没」「マルサの女」、大河ドラマ「竜馬がゆく」「徳川家康」など。
99年山路ふみ子映画賞功労賞を受賞。

2010年9月12日

谷啓

俳優・コメディアンの谷啓(本名:渡部泰雄)、脳挫傷のため東京都内の病院で11日死去、78歳。三鷹市の自宅階段でつまづき顔や頭を強打、病院に運ばれていた。

1932年東京府東調布町(現:東京都大田区)生まれ。生後すぐ広島に転居。5歳ころ東京に戻り、横浜で育つ。旧制逗子開成中学時代にトロンボーンを始める。

関東学院大学経済学部に入学するが、中央大学経済学部に転学。在学中に「原信夫とシャープス&フラッツ」に参加。53年「フランキー堺とシティ・スリッカーズ」に参加。大学は中退。

56年ハナ肇の「キューバン・キャッツ」に移籍。のちにバンド名を「クレージーキャッツ」に変更。59年「おとなの漫画」以降、コメディアンとして多くのTV番組に出演し、「ガチョーン」「谷だァ!」などのギャグで人気を博す。60年以降は映画「無責任」シリーズや「社長繁盛記」などに出演、ハナ肇、植木等に続いてお茶の間の人気者になる。64年「図々しい奴」で映画初主演。88年から「釣りバカ日誌」シリーズ全22作に出演した。

2010年9月 1日

花田勝治

元大相撲横綱で元日本相撲協会理事長の花田勝治(若乃花幹士)、東京都内の病院で1日死去、82歳。

1928年青森県弘前市生まれ。46年二所ノ関部屋に入門し、秋場所初土俵。53年花籠部屋の独立とともに移籍。55年秋場所後に大関、58年初場所後に横綱に昇進した。上手投げを得意とし、横綱栃錦と「栃若時代」を築き、「土俵の鬼」と呼ばれた。優勝10回。62年夏場所前に引退。身長179cm、体重107kgで、戦後最軽量の横綱。593勝253敗70休4分。

引退後、二子山部屋を創設。二代目若乃花、隆の里の両横綱や弟の貴ノ花ら2大関を育てた。88年相撲協会理事長に就任し、2期4年務めた。定年退職後、96年相撲博物館長に辞任。

1