メイン

2011年2月18日

劇作家兼演出家の小幡欣治さん死去

劇作家で演出家の小幡欣治、肺癌のため東京都目黒区の病院で17日死去、82歳。

1928年東京都出身。東京都立京橋化学工業卒。50年「悲劇喜劇戯曲研究会」に入会。新劇や商業演劇で活躍。作品に「あかさたな」「浅草物語」「熊楠の家」「「明石原人」」など。有吉佐和子の小説を舞台化した池内淳子主演「三婆」は400回以上の上演を記録。
56年「畸型児」で新劇戯曲賞(現:岸田国士戯曲賞)を受賞。10年「神戸北ホテル」で鶴屋南北戯曲賞を受賞。日本演劇協会常任理事などを務めた。
著書に「評伝菊田一夫」「浅草物語 戯曲集」など。

2011年2月10日

サントリー名誉会長 鳥井道夫氏死去

サントリーホールディングス名誉会長で元関西経済同友会代表幹事の鳥井道夫、肺炎のため6日死去、88歳。

1923年兵庫県出身。サントリー前身の寿屋創業者・鳥井信治郎の三男で、佐治敬三は兄。京都帝国大学(現:京都大学)経済学部卒。49年寿屋(現:サントリーホールディングス)入社。73年に副社長、90年副会長、01年名誉会長に就任した。
後発参入のウーロン茶事業をトップブランドへ育成するなどマーケティングで手腕を発揮。84年から2年間関西経済同友会代表幹事を務めた。

73年から34年間社団法人日本マーケティング協会会長としてマーケティングの研究活動を推進。98-99年まで世界マーケティング協会会長も務めた。龍谷大学経済学部客員教授でもある。著書に「和田胸算用」「商いルネッサンス」など。

2011年2月 1日

サントリー創業家、鳥井春子さんが死去

サントリーホールディングス(旧サントリー)創業家重鎮で鳥井信一郎前社長の母の鳥井春子、昨年10月1日死去、99歳。

春子さんは阪急グループ創業者の小林一三の娘で、1899年サントリーを創業した信治郎の長男である鳥井吉太郎と結婚。3代目社長だった鳥井信一郎の母であり、現社長(4代目)の佐治信忠の伯母に当たる。創業者一族をつなぐ「ゴッドマザー」として知られていた。

非上場会社であるサントリーHDの発行済み株式の89%は創業家・鳥井一族の資産管理会社「寿不動産」が保有。その寿不動産の株式の9.2%を保有する個人筆頭株主だった。

1