メイン

2011年10月31日

「どくとるマンボウ」北杜夫さん死去

作家の北杜夫(本名:斎藤宗吉)、24日死去、84歳。

1927年東京生まれ。父は歌人の斎藤茂吉。旧制松本高校をへて、東北大学医学部を卒業。慶応病院に勤め、慶応大学で博士号取得。

54年長編「幽霊」を自費出版。60年水産庁の調査船に船医として半年間乗船し、その体験を描いた「どくとるマンボウ航海記」を発表。

同年「夜と霧の隅で」で芥川賞を受賞。
64年斎藤家三代の歴史を描いた「楡家の人びと」で毎日出版文化賞を受賞。86年「輝ける碧き空の下で」日本文学対象を受賞。98年「青年茂吉」で大仏次郎賞を受賞した。芸術院会員。

純文学系の作品のほか、「昆虫記」「青春記」などマンボウシリーズ、「船乗りクプクプの冒険」「さびしい王様」などの児童文学も創作した。

ジャズクラリネット奏者 藤家虹二さん死去

ジャズクラリネット奏者の藤家虹二(本名:藤家光嗣)、小脳出血などのため東京都の病院で24日死去、78歳。

1933年広島県福山市出身。東京芸術大学音楽学部器楽科に首席入学、首席卒業。在学中からジャズ演奏を始める。56年毎日音楽コンクール管楽器部門で初代1位を獲得。

べニー・グッドマンに傾倒し、同大卒業後すぐにプロのバンドに入り。59年地震のバンド「藤家虹二クインテット」を結成。「ミスター・クラリネット」と称され、北村英治とともにクラリネット演奏の第一人者の座を守り続けた。

越路吹雪の「ラストダンスは私に」の編曲、TV番組「ひらけ!ポンキッキ」の音楽担当。映画「未来少年コナン」の音楽監督など、ジャズ以外でも活躍した。

2011年10月15日

ロック歌手、柳ジョージが逝去

yanagi-jyoji.jpg

ブルース歌手の柳ジョージ(本名:柳譲治)、病気のため12日死去、63歳。糖尿病を患っていた。

1948年横浜市生まれ。日本大学法学部を卒業。在学中の69年ブルースロックバンド「パワーハウス」を結成。70年「ザ・ゴールデン・カップス」にベーシストとして参加。カップス解散後、渡英。

帰国後の75年「柳ジョージ&レイニーウッド」を結成。「雨に泣いてる‥」「さらばミシシッピー」「青い瞳のステラ 1962年夏‥」などがヒット。79年アルバム「RAINY WOOD AVENUE」がオリコン1位を獲得。

82年バンド解散後はソロ活動。05年レイニーウッドを再結成した。

2011年10月11日

人間国宝で歌舞伎俳優の中村芝翫さんが死去

中村芝翫

歌舞伎俳優で人間国宝の7代目中村芝翫(本名:中村栄次郎)、肝不全のため東京都文京区の病院で10日死去、83歳。

1928年東京都出身。父は5代目中村福助、33年5歳で4代目中村児太郎を名乗り東京・歌舞伎座で初舞台。41年7代目中村福助、67年7代目中村芝翫を襲名。女形として「伽羅先代萩」の政岡、「魚屋宗五郎」の女房おはまを演じ、舞踊では「藤娘」「娘道成寺」などで知られた。屋号は成駒屋、定紋は祇園守。

63年芸術祭奨励賞、89年日本芸術院会員、96年人間国宝に認定。06年文化功労者、08年から日本俳優協会会長を務めた。

中村福助は長男、次男は中村橋之助は次男、中村勘三郎は娘婿。

1