メイン

2013年1月30日

作家の安岡章太郎さんが死去

作家の安岡章太郎、老衰のため東京都内の自宅で26日死去、92歳。

1920年高知市生まれ。幼少時に全国各地を転居、5歳で京城(現:ソウル)に移り、。小学3年時に青森県弘前市に転居し、同5年から東京に暮らす。41年慶応大学文学部予科に入学、44年陸軍に召集されるが翌年肺結核で除隊処分。終戦後の48年慶応大学英文科を卒業。

51年デビュー作「ガラスの靴」が芥川賞候補、53年「悪い仲間」「陰気な愉しみ」で芥川賞を受賞。吉行淳之介らとともに「第三の新人」と目された。60年「海辺の光景」で芸術選奨・野間文芸賞を受賞。同年ロックフェラー財団に招かれ米国留学。

81年「流離譚」で日本文学大賞、89年「僕の昭和史」全3巻で野間文芸賞、91年「伯父の墓地」で川端康成文学賞を受賞。このほか芸術院賞、毎日出版文化賞、読売文学賞小説賞など受賞多数。01年文化功労者。

2013年1月29日

声優・俳優の亀山助清が死去

声優・俳優の亀山助清、悪性リンパ腫による肺炎のため埼玉県内の病院で26日死去、58歳。

1954年宮城県石巻市出身。日本大学芸術学部を卒業。在学中から俳優・声優の川路夏子に師事。その後、声優活動や俳優としてテレビドラマ・映画に多数出演し、山寺宏一・松本梨香らとライブグループ「トリックすたあ」としても活動。

03年八代駿が亡くなったのちアニメ映画「くまのプーさん」日本語版のプーさん役を引き継ぐ。

他の代表作にアテレコ「魔法のアイドル パステルユーミ」「こちら亀有公園前派出所」、出演作にドラマ「婚カツ!」「鬼嫁日記 いい湯だな」など。

2013年1月25日

俳優でコメディアンの原哲男さんが死去

俳優でコメディアンの原哲男(本名:柳原哲也)、肝癌のため大阪府堺市内の病院で11日死去、78歳。

1934年熊本市生まれ。九州学院高校を卒業。剣戟の「富士川昇一座」に入り、九州を巡業。53年大阪にでて、「堀江洋子一座」に入る。その後、ストリップ劇場のコメディアンをへて、63年吉本興業に入社。吉本新喜劇に出演し「カバ」の愛称で人気を得た。その後テレビドラマに転じ、人気番組「部長刑事」「てなもんや三度笠」などに出演した。

2013年1月20日

元横綱・大鵬の納谷幸喜さんが死去

大鵬

元横綱・大鵬の納谷幸喜、心室頻拍のため東京都内の病院で19日死、72歳。

1940年樺太生まれ。父はロシア革命後で樺太へ亡命したウクライナ人のコサック騎兵隊将校。北海道各地を転々と育つ。北海道弟子屈高等学校の定時制に通いながら、林野庁関連の仕事をする。

56年高校を中退し、二所ノ関部屋に入門。同年秋場所で初土俵。60年初場所で新入幕。61年秋場所後、当時史上最年少の21歳3カ月(現在は北の湖の21歳2カ月が最年少)で横綱に昇進。

61年11月場所、62年1月場所と連続優勝し、同年7月場所から63年5月場所まで最初の6連覇を達成。横綱柏戸と「柏鵬時代」を築き、68年秋場所からは45連勝を記録した。 現役時は身長187cm、体重153kg。

71年夏場所で引退。横綱622勝は北の湖、千代の富士に次いで歴代3位で、幕内746勝は歴代4位。幕内最高優勝32回。その功績から現役時の名前で親方になれる一代年寄となる。大鵬部屋(現:大嶽部屋)を創設し元関脇巨砲らを育てた。80-96年まで日本相撲協会理事。09年相撲界で初めて文化功労者に選ばれた。

05年日本相撲協会を定年退職、相撲博物館館長に就任し08年まで務めた。

2013年1月16日

映画監督の大島渚さん死去

大島渚

映画監督の大島渚、肺炎のため神奈川県藤沢市の病院で15日死去、80歳。

1932年岡山県玉野市生まれ。54年京都大学を卒業、松竹に入社。大船撮影所の助監督をへて、59年「愛と希望の街」で監督デビュー。その後、「青春残酷物語」「太陽の墓場」などがヒットし、松竹ヌーベルバーグの旗手となる。

61年日米安全保障条約に反対する安保闘争を舞台にした映画「日本の夜と霧」を松竹が無断で上映中止したことに抗議し、退社。

61年妻で女優の小山明子、脚本家の田村孟、石堂淑朗、俳優の小松方正、戸浦六宏ら6人で映画製作会社「創造社」を設立。その後、俳優の渡辺文雄らが参加。64年脚本を担当したTVドラマ「青春の深き渕より」が芸術祭文部大臣賞大賞を受賞。

76年阿部定事件を描いた映画「愛のコリーダ」が国際的に話題を呼ぶ。78年「愛の亡霊」でカンヌ国際映画祭監督賞を受賞。他の作品に83年「戦場のメリークリスマス」、86年「マックス、モン・アムール」など。

96年ロンドンのヒースロー空港で脳校則で倒れる。99年復帰作「御法度」を公開。

2013年1月14日

元自民党衆院議員の瓦力さんが死去

元自民党衆院議員の瓦力(旧姓:戸島力)、肺炎のため石川県七尾市の病院で13日死去、75歳。

1937年石川県七尾市生まれ。60年中央大学法学部を卒業。益谷秀次の秘書を経て地盤を後継。72年衆議院議員に当選。

87年防衛庁長官に就任。88年潜水艦なだしお事件で引責辞任。97年建設大臣に就任。99年防衛庁長官に就任。

女優の千石規子さんが死去

女優の千石規子(本名:森礼子)、老衰のため東京都内の病院で12月27日死去、90歳。

1922年東京府駒沢村(現:世田谷区)出身。駒沢小学校を卒業後、ムーランルージュ(水谷八重子一座)の踊り子となる。苦楽座、新協劇団をへて、47年東宝に入社。同年公開「女優」で映画デビュー。戦時中には広島原爆で全滅した移動劇団桜隊に所属。出産で広島にいなかったため被爆を免れた。

黒澤明作品に最も多く出演している女優で、40-50年代に「酔いどれ天使」「静かなる決闘」「野良犬」「醜聞(スキャンダル)」「白痴」「七人の侍」「生きものの記録」に出演。73年「野良犬」リメイク版にも出演した。

このほか「雲のじゅうたん」「「たけしくんハイ!」」「八ツ墓村」「悪魔が来りて笛を吹く」「男はつらいよ・寅次郎紅の花」「3年B組金八先生」など映画、TVドラマに多数出演した。

2013年1月13日

俳優の佐藤允さんが死去

俳優の佐藤允、急性肺炎のため横浜市の病院で12月6日死去、78歳。
横浜市内の自宅で転倒し、外傷性蜘蛛膜下出血で入院していた。

1934佐賀県神埼町出身。日本大学三高を卒業。52年俳優座養成所に第4期生として入団。俳優座のユニット出演で、「思春の泉」に出演。56年「不良少年」で映画デビュー、東宝へ入社。59年岡本喜八監督の「独立愚連隊」シリーズで主役を務めて脚光を浴びる。黒澤明監督の「隠し砦の三悪人」やTVドラマなどにも出演した。

映画監督の佐藤闘介は息子。

2013年1月 9日

韓国の元プロ野球投手 チョ・ソンミンさんが自殺

韓国の元プロ野球投手で巨人も在籍した趙成珉(Cho Sung Min ※ミンは王ヘンに、民)、ソウル特別市江南区のマンションで6日死去、39歳。
トイレで首をつって死亡しているのを交際女性が発見した。自殺とみられる。

1973年ソウル特別市出身。高麗大学卒業後、韓国のプロ野球を経験せずに96年アマ球界のエースとして巨人に入団。02年まで在籍し、抑えや先発の投手として通算11勝10敗11セーブ、防御率2.84の成績を残した。"コリアンエクスプレス"の愛称で親しまれたが、右ひじのケガで退団。

00年韓国トップ女優の崔真実(08年自殺)と結婚したが、04年離婚。

05年から韓国で解説者なり、同年5月ハンファ・イーグルスと契約し、現役復帰。07年ハンファを自由契約とまる。

11年から韓国プロ野球斗山のコーチを務め、12年11月契約を終えた。現役時は194cm、95kg。

1