メイン

2013年9月24日

比叡山大阿闍梨の酒井雄哉さんが死去

比叡山大阿闍梨の酒井雄哉、心不全のため自坊の大津市の長寿院で23日死去、87歳。

1926年大阪市生まれ。44年慶応義塾商業学校(慶応大学の夜間商業学校)をへて、熊本県人吉の予科練に志願入隊。鹿児島県鹿屋市の特攻基地で終戦を迎える。東京で飲食店や証券会社代理店など職を転々とする。妻との死別を機に40歳で比叡山に入り、出家、得度した。

長年途絶えていた飯室回峰を復興。明治時代に死者が出て以来中断していた「常行三昧」という厳しい行を達成。73年より千日回峰行を開始。80年54歳で比叡山中や京都市内を7年間で約4万km走破し、9日間の不眠不臥、断食断水の「堂入り」などを行う千日回峰行を満行。87年にも戦後最高齢の60歳で、「別行」として再び千日行を達成。千日行を2度達成したのは比叡山の歴史で3人という。

90年15年ぶりに下山。天台宗の宗祖最澄の「東下り」のをたどり京都から東京まで中山道沿いに750kmを歩く。91年天台宗の聖地で回峰行のルーツである中国・五台山を巡礼。ほか東北や九州など各地を精力的に行脚した。95年当時のローマ法王ヨハネ・パウロ2世に謁見。

同年、仏教伝道文化賞(功労賞)受賞。

前任天堂社長の山内溥さん死去

前任天堂社長の山内溥、肺炎のため京都市の病院で19日死去、85歳。

1927年京都市生まれ。47年早稲田大学専門部法律科在学中に花札・トランプ製造会社の山内任天堂の販売子会社だった丸福(現:任天堂)設立時に取締役に就任。49年在学中に祖父の急死を受け、山内任天堂(現:任天堂)社長に就任。トランプなどの売り上げが伸び悩むなか、コンピューターゲーム機に着目。家庭用ゲーム機「ファミコン」や携帯ゲーム機「ゲームボーイ」など大ヒット商品を生み出した。任天堂を世界的なエンターテインメント企業に成長。

02年社長を退任、取締役相談役に退いた。05年取締役を退任。ただし筆頭株主としての影響力は残していた。

このほかシアトル・マリナーズの筆頭オーナー、京都大学に新病棟設立のため70億円寄付などの活動も行った。

2013年9月22日

俳優の石田太郎さんが死去

俳優の石田太郎、神奈川県相模原市の病院で21日死去、69歳。フジテレビのドラマ「木曜劇場 独身貴族」収録中にスタジオで倒れ、同市内の病院に搬送されたが、亡くなった。

1944年京都市生まれ。上智大学外国語学部スペイン語学科を中退。学生時代から演劇を始め、ドラマ「おしん」「春日局」「独眼竜政宗」「芋たこなんきん」などで名脇役として活動。声優としても「新・刑事コロンボ」役などでも知られる。ほかに「ハンニバル・レクター」シリーズのレクターの吹き替えを担当。

浄土真宗の僧侶でもあり、石川県金沢市乗敬寺の住職も務める。

2013年9月13日

日本腹話術師協会名誉会長の川上のぼるさんが死去

日本腹話術師協会名誉会長の川上のぼる(本名:川上登)、心不全のため7日死去、83歳。

1929年京都市出身。腹話術師、声帯模写師。京都学芸大学(現:京都教育大学)を卒業。51年朝日放送開局で大学生タレント第1号としてラジオ出演、「ハリスクイズ」「ピアス歌のカクテルパーティー」の司会を担当。その後TVで「スチャラカ社員」「てっちゃん劇場」「道頓堀アワー」などに出演した。

舞台では「川上のぼるとリズムボーンズ」を結成、63年「川上のぼると大阪ヤローズ」と改称し、音楽や腹話術、声帯模写などを疲労した。

96年上方お笑い大賞特別賞受賞、97年大阪市民表彰(文化功労)を受賞。

1