メイン

2014年5月15日

お笑い芸人のレツゴーじゅんさんが死去

お笑い芸人のレツゴーじゅん(本名:渡辺美二)、脳出血のために大阪市内の病院で8日死去。68歳。

1945年大阪府堺市出身。上宮高校を卒業。64年吉本新喜劇に入団、花紀京の付き人となる。当時の芸名は渡淳。65年「ルーキー爆笑劇団」に移籍。69年正児、長作とともに「レッツゴー三匹」を結成する。70年代から人気を博し、上方漫才大賞などを受賞。
80年代末よりピンのテレビタレント、舞台俳優としても活動。91年脚本家の逢坂勉門下に入り、逢坂じゅんの名を併用するようになった。

2014年5月 5日

作家の渡辺淳一さんが死去

作家の渡辺淳一、前立腺癌のため東京都内の自宅で4月30日死去、80歳。

1933年北海道砂川町(現:上砂川町)生まれ。58年札幌医科大学医学部を卒業。同大学で整形外科講師として勤務。68年札幌医科大学で行われた日本初 の心臓移植手術「和田移植」をテーマに「小説・心臓移植」(のち「白い宴」に改題)を執筆。これがきっかけで大学を退職、文筆活動に専念。
70年明治時代の西南戦争で負傷した2人の軍人の人生を描いた小説「光と影」で直木賞を受賞。
95年不倫関係を描いた「失楽園」がベストセラーになり、映画化やTVドラマ化された。

ほかに79年「冬季落日」「長崎ロシア遊女館」で吉川英治文学賞、83年「静寂の声 ― 乃木希典夫人の生涯」で文藝春秋読者賞を受賞。『』
近年は中国で「言情大師」(叙情の巨匠)と称され、人気作家となっている。

支那そばやの佐野実さんが死去

ラーメン店「支那そばや」創業者の佐野実、多臓器不全のため川崎市内の病院で11日死去、63歳。

1951年神奈川県横浜市戸塚区生まれ。藤沢商業高校(現:藤沢翔陵高校)を卒業。不二家レストランに就職。86年藤沢市に「支那そばや」を開店。08年 「支那そばや」本店を横浜市戸塚区に移す。12年新横浜ラーメン博物館店を営業。、「ラーメンの鬼」の異名で知られ、テレビ他多数のメディアに登場した。

中華料理の周富徳さんが死去

中華料理店「広東名菜富徳」店主の周富徳、誤嚥性肺炎のため横浜市内の病院で8日死去、71歳。

1943年横浜市出身。両親は中国広東省の出身。横浜中華街の料理人。高校卒業後、18歳で東京・新橋の中華飯店に入る。京王プラザホテル、聘珍樓などをへて、91年東京・赤坂「璃宮」の総料理長に。その後、独立して青山の「富徳」を経営。

日本での広東料理の第一人者で、NHK「きょうの料理」などTV番組の講師を担当、バラエティー番組「料理の鉄人」では独創的な中華料理を披露し、「炎の料理人」と呼ばれた。
95年堂本光一主演で半生記がドラマ化される。

1